MUZ TALK

英語を通して選択肢を最大化する

【使用レビュー】新型MacBook Pro購入1ヶ月の僕が、全力でオススメする

【使用レビュー】新型MacBook Pro購入1ヶ月の僕が、全力でオススメする

新型MacBook Pro 15インチを使い始めてから早1ヶ月が経ちました。

あわせて読みたい

後悔しないための!新型MacBook Pro (15 inch 2017)購入のススメ

もう、毎日欠かさず触れて、ブログを書いたり、記事を読んだり、動画を見たり、編集したり、何もかもがこれ一台で完結しています。

販売価格や、USB-Cへの統合Touch BarTouch ID はいかに!? といった不安要素はあるでしょう。

実際のところ僕も、購入前にはものすごく悩みましたし、勝手見て残念な結果だったら取り返しもつかない。

もし、Blu-ray VS HD-DVDの時のHD-DVDのように、USB-Cが一瞬でなくなるとしたら。。。泣くに泣けません!w

というのは、まず起きないと思いますが、上に挙げたような様々な不安要素は、購入して使ってみることによって全て覆ったので、今迷っているあなたにしっかりと伝えたいと思います!

価格について

現在(2017.8)のMacBook Pro(Touch Bar付きモデル)の価格は以下のとおり。

この価格は、下がるということは今までの傾向からしてないでしょうね。あったとしても、価格据え置きのマイナーアップデートでしょう。

確かに、安い買い物ではいと思います。でも、

割とこのルールは大事だと思っています。買うとなればもちろん安い方がありがたいわけですが、ではあなたは一体いくらになれば買うのか・納得するのか。商品に納得しているのであれば、買う。

そういうことでいいと思っています。

USB-Cポートしかないという点について

これは、英断であった!そう言わせてもらいます。

USB-Cしかついていない、ということでネガティブな側面が先に流れてしまった感がありますが、そんなことは使ってみれば吹き飛んでしまいました。

変換ハブ1つで全て解決する!

ちなみに、そのネガティブな意見というのが、

  1. SDカードを直接差せない
  2. 旧USBを使うのに変換機が必要だ(しかも純正が高い)
  3. 変換プラグだらけになって見栄えが悪すぎ

こんな感じだと思います。他に何かありましたかね?実際こんなもんです。

これは、こちらのハブを一つ購入するだけで解決します。全部です。

これには、

  • USB-Cポート×1(塞いだ分の補完ですね)
  • USB3.0ポート ×3
  • SDカードスロット ×1
  • HDMIポート ×1(プロジェクタやディスプレイ出力用)

がついています。

サイズ感としてはこんな感じです。一度全部差して見ましたが、問題なく使えました。

 

サイドに増設する下のようなタイプのものもありますが、これは破損の危険性が高まるのと、使用の際必ず横から差さないといけないということになります。

あと、発熱するという報告・レビューも多いのがこのタイプです。

電源プラグが両サイドから使える!(Touch Bar付きモデルのみ)

これは、USB-Cポートが両サイドに2つづつ付いている、Touch Bar付きモデルのみではありますが、どのポートからでも給電できるというのは非常に便利です。

右からも、左からも、使用環境に応じて差し替えられます。

例えばスタバや図書館でどうしても電源が欲しい時にも、空いている席に応じて柔軟にコードをスマートに接続できますよね。(右手側にしか電源がなく、コンピュータの給電が左側からしかなければ、コードはぐるっと回り込む感じになります。)

以前からあった、magsafeというものがありまして便利で安全なのですが、そんなにコードに引っ掛けて落とすようなことは無いですから。笑

 

Touch Bar  Touch IDについて

注目のTouch BarとTouch IDですが、とても満足です。

これまでに2回〜それ以上(タイピング)のアクションが必要だったものが、ワンタッチになっているのですから。

Touch BarはMacBookの中にあるiPhone

Touch Barは便利です!ファンクションキーをほとんど使ってなかった僕は、Touch Barを使い倒してると思います。

便利だと思える瞬間をまとめてみます。

  1. 写真閲覧時にTouch Barをスライドするだけでパラパラ見られる
  2. 会員登録などでメールアドレスがTouch Barに表示される
  3. 変換時に「ひらがな」「カタカナ」がTouch Barに表示される
  4. ブログ・文章作成に指を伸ばすだけで文字のスタイル変更ができる
  5. 動画閲覧時にTouch Barにシークエンスバーが表示され操作できる

などです。

もう圧倒的時短です。

これから、対応ソフトも増えて、間違いなくもっともっと使いやすくなっていきます。

今から買う人は、Touch Bar付きモデルで間違いないです。(USB-Cポートが4つ付いているのもTouch Bar付きモデルだけです)

Touch IDは安定の便利さ

iPhoneで使ったことがある人はお分かりかと思いますが、Touch IDはものすごく便利。

MacBook Proのロック解除にも使えてパスワード入力なしが本当にストレスフリーなんですよね。

そして、それ以上にストレスフリーなのが、App Storeなどで商品を購入する時もTouch IDが使用できるのがものすごく便利!Apple IDってちょっと忘れてたりするんですけど、自分の指紋なら覚える必要もないですからね(笑)

 

まとめ

新型のMacBook Proで新しくなった部分は、完全なる改”良”!ということで僕の中で固まりました。

■販売価格
買わない理由が価格ならば、買うべし。もう商品には満足している。■USB-Cポート
本当に何にでも成り替わるポートです。ハブが一つあれば全て解決するし、電源を両サイドどちらからでも給電できるのはかなり便利■Touch Bar と Touch ID
完璧な時短ツールになり得る!使い方次第でかなりのものがワンタッチに!

本当に、買ってよかった。迷っている人がこの記事でポチったなら幸いです!

買う前で迷っているところや、不安なところがある方は遠慮なくツイッター友だち追加で聞いてくださいね!

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)

Return Top