MUZ TALK

英語を通して選択肢を最大化する

ミサイルが飛んできた日、僕は死ぬ覚悟ができていると思った

ミサイルが飛んできた日、僕は死ぬ覚悟ができていると思った

朝、昨日の自分が設定したスマホの目覚まし時計よりも早く僕は目覚めました。

起きようと思っている時間と合わないタイミングで起こされるというのは、本当に不快の極みだと思います。

今回のそれは、北朝鮮からのミサイル発射の緊急速報でした。

こんな感じで。

 

その時、自分でもびっくりするくらい冷静だったんですよね。逃げられる場所なんて思いつかないし、このままマジでミサイル飛んできたら死ぬんだなぁ。って。

頑丈な建物なんて周りにないし、地下なんてないし。核シェルターでも作ってる人じゃないと逃げられないよねって。

 

でも不思議と、何が何でも生き抜いてやる!とか思わなかったんですよ。

大学院に入ったばっかりだし、人生再スタートして方向性が定まったばかりで、志半ばって感じなんですけど、思わなかった。

 

自分なりに、なんでそうなったのか考えてみると、

自分の人生は唯一無二でかけがえのないものなんだ」とか「人生をかけてでも成し遂げたいものがあるんだ」とかおこがましいことは考えてないからなんですよね。もう。ヽ(´ー`)ノ

 

じゃあ、親や家族はどうなんだって言われそうですが、僕は他人の人生を生きているわけではないので、誰かのために死ねないとか、考えてないんですよね。ミサイルが飛んできたら、生きようって言っても何もできないんですからね。

ちなみに僕がミサイルで死んだら、親族は「北朝鮮ミサイル遺族の会」とかきっと作って政府に訴えると思いますけど。w

 

やりたいことや、やってみたいことは沢山あります。でも、それをやらなきゃ誰かが困るとか、逆に誰かを救うためにやろうとかじゃないんですよね。

僕は、いい感じで力が抜けてる、と思ってます。

自分の歩んできた道や、経験してきたこと、選んできたことを記録し、伝える。それは根本には自分のためにやってるんです。

でもそれが、せっかくなら、読む人にとって読みやすくて、役に立つものであったり、何か学べるものであればいい。勝手にそうなってればありがたいなと。そういうちょっと欲が出てるくらいです。

 

だから、これからもこのブログはそんな感じで、力がいい感じで抜けてるブログになればと思っています。

生きている限りは書き続けますし、ミサイルが当たったらしょうがないですヽ(´ー`)ノ

 

 

あ、ちなみに iPhoneの方は、Jアラート(今回の地震・災害以外のミサイル飛来などの緊急情報)を受信するためには、設定が必要です。

設定 > 通知 > 緊急速報(オン)

緊急速報は一番下にあります。

という流れで通知をオンにしておくことをお勧めします。



LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)

Return Top