英語を学ぶ人必見!「学習スタイル」を知れば学習効果が大幅にアップ!

   

みなさんこんにちは!小麦粉麺ですヽ(´ー`)ノ

僕は今、オーストラリアの大学にて英語教授法を学んでいます。

そんななかで、「学習スタイル」を学んで、それぞれのスタイルに的確な指導法があることを勉強しましたのでシェアしたいと思います!

  • 英語や他の言語を勉強しているけど、なかなか成果が出ない。
  • 自分に合った勉強法が知りたい。

そんな人は自分に当てはまる「学習スタイル」を振り返ってみて、自分に最も合った学習法を選んでみてください。

学生時代にやってきたやり方が、正しいとは限りませんよヽ(´ー`)ノ



3つの「先天的学習スタイル」

まず、先天的学習スタイルは3つあります。

  1. 視覚学習タイプ
    目から入ってくる情報で学習するのを好むタイプ
    ■単語が出てきたら板書して欲しい人
    ■写真や絵を見ながらの方が頭によく残る人
    ■単語を覚える時はひたすら書いたり、フラッシュカードを使う人
    ———————————
  2. 聴覚学習タイプ
    耳から入ってくる情報で学習するのを好むタイプ
    ■音楽や歌に乗せて暗記するのが好きな人
    ■映画やドラマ、音楽から聴いて単語を覚える人
    ■口に出して音読しながら単語を覚える人
    ———————————
  3. 運動学習タイプ
    身体を動かしながら学習するのを好むタイプ
    ■歩きながら本を読むのが頭によく入ってくる人
    ■先生に当てられて、黒板に書きに行った内容をよく覚えている人
    ■身体を動かすゲームなどで学習するのを好む人

簡単な例とともに紹介しましたが、これは本来備わっている「学習スタイル」です。

あくまで傾向なので、どれか一つに決まるというわけではありませんが、自分はこういう傾向が強いなぁと感じてもらえたらと思います。

 

5つの学習型

  1. グループ学習型
    集団で意見を出し合ったり、討論しながら学習するのを好む
  2. 自立学習型
    独りで勉強するのを好む
  3. 熟考学習型
    時間をかけて考えるのを好む
  4. 反射学習型
    反射的に答えをどんどん導き出すのを好む
  5. 分析学習型
    表やグラフを作ってまとめながら学習するのを好む

これは、あえて「型」と表現しましたが、
これまでの学習環境や経験に左右されやすい学習スタイルです。

もちろん、これもどれか一つになるわけではありません。

時には集団で、時には個人の方がよく定着するという人も多いと思います。

 

学習スタイルの活用

僕は教える側として、この理論を学んでいます。

この学習スタイルの考え方を元に、同じ内容でもどんな教え方をするのか変えていくわけです。

例えば、

視覚学習タイプの生徒が多い授業では、新しい単語は必ず板書したり、ノートに書き写す時間を多く取るように心がけます。このタイプの生徒は、新しい単語が出てきたのに、綴りがすぐにわからないとストレスを感じるし、書き写す時間が足りないとまたストレスを感じるからです。

きっと、私のことだ、と感じる人も多いんではないでしょうか。

 

他にも

運動学習タイプ反射学習型を持っている生徒がいたとしたら、

一問一答早押しクイズ形式で、分かったら挙手し、立ち上がって答えてもらうなどの要素を取り入れて授業します。このタイプの生徒は、ずっと座って授業を聴いているのが苦痛だけど、ゲーム形式&スピード勝負なら間違いを気にせずどんどんいけると感じてくれるからです。

 

これは、教える側だけでなく、個人でも活用できます。



学習スタイルを自分で見つける

自分はどの学習タイプに当てはまりますか?3つ4つミックスされているかもしれません。学習内容や、気分によって変わるかもしれません。

自分はどの学習タイプの傾向が強くて、それにはどんな学習方法が効果的かということを考えて学習すると結果が大きく変わってきます。それは何より学習のストレスが軽減されるからです。

 

学習スタイル別 学習法

それでは、最後に3つの先天的学習スタイルで、効果的な学習法の例を紹介します。ぜひ自身の学習に役立てて下さい!

  1. 視覚学習スタイル
    書く、読む、観る、を中心に学習を進めて行きます。
    ■ノートを取る
    ■暗記は、書く、フラッシュカードをつかう
    ■冷蔵庫や壁にポストイットで常に目につくようにする
    ■イラストを描いて関連付ける
    ———————————-
  2. 聴覚学習スタイル
    聞く、話す、を中心に学習を進めて行きます。
    ■音読や、単語を声に出して言う(スペルも言う)
    ■ボイスレコーダーなどに、自分で文章や単語を吹き込む
    ■単語の音声CDなどを利用する(アルク学参のキクタンなどオススメ)
    ■物語の音声CDなどを利用する(ハリーポッターなんかもあります!)
    ———————————–
  3. 運動学習スタイル
    個人でやるのは難しいですが、身体を動かすゲームを取り入れて学習を進めて行きます。
    ■繰り返しの多い音楽を使って、loveと聞こえたら立ち上がるゲーム(単語はなんでも良いです。多く出てくるほうがいいです)
    ■ダンスをしながら単語を発音する
    ↓↓子供用ですが、有名な曲です・ω・

 

まとめ

ぜひ皆さんも、自分の学習スタイルに迷った時は、自分がどんなスタイルの持ち主なのか分析してみてください。そうすれば、最適な学習方法を見つけ出すことが出来ます。

ぜひ参考にしてみて下さい。

 

ある程度自分で勉強したら、どんどん実践して英語を使うのが一番です。僕も国内でよく利用していましたが、スカイプ英会話も手軽で安く利用できます。無料授業もついているのでこの機会に始めてみて下さいヽ(´ー`)ノ

 - 英語習得